浜松ホトニクス株式会社

浜松ホトニクスは、未知未踏分野へ挑む精神を糧に、創業以来一貫して未知なる可能性を秘めた「光」を追い求め、これまでに独創的な製品や技術を数多く生み出してきました。
これら光応用製品は医用をはじめ、各種産業分野、学術研究等、幅広い分野に応用されています。
事業体制としては、超高感度光センサの光電子増倍管や計測用の光源等を開発する電子管事業部、各種光半導体素子を開発する固体事業部、光計測システム等を開発するシステム事業部、高出力半導体レーザの開発、製造などを行うレーザ事業推進部があります。
浜松ホトニクスは「光」の追究によって人類未知未踏分野を切り拓き、光による新産業の創成に挑戦し続けています。

出展製品

  • LIDAR用光デバイス LiDARは対象物にレーザ光を照射し、その反射光を検出器で測定することで距離を測定するリモートセンシング方式です。
    当社では、LiDAR用の光源であるパルスレーザダイオード(PLD)をはじめ、フォトダイオードや測距イメージセンサなどのさまざまな光センサをラインアップしています。 >>詳しくはこちら
  • 波長掃引パルス量子カスケードレーザ 外部共振構造によりブロードな波長掃引が可能なパルス量子カスケードレーザです。
    中赤外分光計測を遠隔・非接触かつ高スループットで実現可能です。
    レーザ光の高い出力と高波長分解能を生かし、従来FT-IRで行われてきた中赤外分光計測に新たな価値を提供します。 >>詳しくはこちら
  • 高出力レーザダイオードバーモジュール 発光点(エミッタ)をリニアアレイ状に配置したレーザダイオードバー(LDバー)と冷却機構等を一体化して、高性能・高光出力・高信頼性を実現したLDモジュールです。
    LDバーを積層(スタック化)することで、キロワットクラスへの高出力化が可能となります。 >>詳しくはこちら
  • 超短パルスレーザ MOIL-ps A3サイズのコンパクトな筐体から最大200 μJの高いエネルギーを発生するピコ秒パルスレーザです。
    全プログラム制御により簡単操作可能で、ミクロンオーダーの高品質な微細加工用途に最適なレーザです。 >>詳しくはこちら
  • マイクロチップレーザ 当社独自の技術によりレーザ共振器を一体型にすることで、共振器のアライメント調整の必要ないメンテナンスフリー・コンパクトを実現した受動Qスイッチ型の短パルスレーザです。さまざまな用途に適応できるように各種ラインアップを取り揃えているため、各種分析・計測用など、ご希望の用途に応じてお選びいただけます。 >>詳しくはこちら
「浜松ホトニクス」についてのお問合せ
氏名※必須
 
会社名※必須
 
所属※必須
 
E-mail※必須
 
お問合せ内容※必須
 
ページトップへ